ninsin

結婚とは、愛し合う2人がいて初めて成り立つものです。出会いのきっかけがどんなものであっても、お互いが深く愛し合えるような相手と出会えることは奇跡です。本来結婚とは「幸せにしたい」「好きだから」といった気持ちがあって初めて、イメージが描けるものなのではないでしょうか。

ここでは、男女が挙げている結婚したい理由の主なものを挙げています。

結婚したい女性の場合

一番多い声が、「子どもを産みたいから」というもの。年齢がすすむと男性よりも先に、結婚を考え始めます。

「子どもがほしい」がダントツ

女性が掲げる理由の中で、最も大きいのが「子どもを産みたいから」ということ。子どもを産むことができる年齢というのは限られています。ですので、出産のリミットが近づけば近づくほど、パートナーがほしい、という思いは強まるようです。

しかし、やはり結婚は好きな人としたいもの。彼氏がいる人は2人の愛を一層強めようとします。彼氏がいない人は、本気で好きだと思える相手を求めて行動し始めます。

仕事をやめたいから

仕事に対するモチベーションがあまり高くない女性は、仕事よりも恋愛のほうにより意識が向いています。また、仕事に高いモチベーションがある人でも、いろいろな挫折を経験することによって意識が恋愛にシフトします。

また、仕事に没頭しすぎてパートナーとの時間をおろそかにしてきた人は、ある時期を境に、これではいけないと思い始めます。そして、彼氏との時間を大切にするようになります。

結婚したい男性の場合

女性ほど、差し迫るリミットがない男性でも、結婚したいと思うことが多々あるようです。とくに、1人でいるとき、その思いが強まるようです。

家事をしてほしいから

今は料理好きの男子が増えてきていますが、基本的にほとんどの男性は家事を苦手としています。そこで、家事をこなしてくれるパートナーがほしい、と考えている男性が多いようです。しかし、家事さえしてくれればどんな子でもOK、というわけではありません。大好きな子に愛を込めて家事をしてほしいと思っています。

家事が得意な彼女とは、真剣に一緒になりたいと考えるようです。

寂しさに負けそうだから

仕事で帰りが遅くなったとき、家に帰ると笑顔であたたかく出迎えてくれる家族がほしい・・そう夢見ている男性は、パートナーがほしいと思っています。男女ともにそうですが、いつまでも1人でいるとだんだん老後が心配になってきます。将来を考えたときに、生涯をともにするパートナーが側にいることに安心感を覚えます。

そんな思いの積み重ねが、結婚を強く意識するきっかけとなっているようです。

やはり、結婚したいと思うことの理由は、誰かを「幸せにしたい」「好きだから」そして、「ずっと一緒にいたいから」という気持ちがあるから。今パートナーがいるかどうかは、関係ありません。それは男女共通していえることです。

関連記事まとめ