tamanokosi

お金持ちの男性と結婚したいという方は多いことでしょう。お金持ちと結婚して自分も裕福な立場になることを「玉の輿」と呼びます。その反対に、男性がお金持ちの女性と結婚してリッチになることを「逆玉の輿」と呼びます。略して、「逆玉」ともいいます。どちらもお金持ち相手と結婚することです。

玉の輿に乗るとどうなるのか?

誰もがうらやむ玉の輿ですが、裕福なパートナーを得ることはそうカンタンなことではありません。もしも運よくパートナーになれたならば、そこにはリッチな生活が待っていることでしょう。そして、子どもができたら習い事をたくさんさせてあげられます。希望の学校に入れることもできるでしょう。

しかしその反面、稼ぎのいい夫との金銭感覚のずれなど、違和感が生じるかもしれません。また、夫のいいなりにならなければいけないことも。ここでは、お金持ちと結婚することによって発生する、メリットとデメリットを挙げています。

メリット

やはり一番大きいのは、収入面でしょう。お金に関しての心配は必要ありませんね。

リッチな暮らしができる

一般家庭では考えられないような、贅沢な暮らしが待っているでしょう。買い物をするときには値段を気にせず、好きなものを買うことができます。理解のある夫であれば、妻が自由にできるだけのお金を渡してくれるかもしれません。さらに、結婚前には食べられなかったような、美味しいものを味わうことができるでしょう。

子どもに充分な教育を与えられる

大きな収入がある家庭ならば、もちろん子どもに対しても高いお金をかけて教育することができます。多くの教育費を注ぎ込むことができるので、それに比例して子どもは自然と賢くなるでしょう。子どもができたら、高い水準の教育を受けさせたい!と思っている方は、お金持ちのパートナーになれるよう努力してみてはいかがでしょうか?

デメリット

メリットがある反面、デメリットも存在します。価値観をすり合わせられるかどうかが、デメリットを乗り越えられるかどうかのカギとなるでしょう。

相手が常に主導権をもつことになる

裕福な男性は、自分がたくさん稼いでいるのだから、恋愛や結婚の主導権も当然自分が握っていると考えています。また、財力があるため、女遊びに走る人もいます。浮気が日常茶飯事であるという男性も少なくありません。そういったことに耐えられないという女性は、この結婚には向かないでしょう。

また、相手が主導権を握っているため、デートや食事のプランも全て彼が決めることになるでしょう。付き合ったら相手のいいなりにならなければいけない、ということも覚悟しておきましょう。

金銭感覚のずれ

裕福な男性は、お金に対する価値観が一般の人とはまるで異なっています。モノやお金は、手に入って当然であるという思いがあるため、使い方はとても豪快。長年にわたって沁みついた価値観であるため、カンタンには変わらないでしょう。今まで一般の人の基準でお金を使ってきた女性なら、戸惑うことばかりでしょう。

お互いにずれている価値観を、彼と少しずつすり合わせていく必要があります。

お金持ちと結婚することで贅沢ができるということは、この上ないメリットでしょう。そして、愛する子どもに充分な教育を与えられるということも、女性にとっては大きなポイントです。しかし、デメリットにも目を向ける必要があります。常に相手のいいなりにならなければいけない可能性があります。

玉の輿に乗りたいならば、お金持ちと結婚することによって生じるメリットもデメリットも両方受けいれた上で、出会いを求めましょう。そうすればうまくいくでしょう。

関連記事まとめ