dousei

付き合いを始めたあと同棲し、その後ゴールインするというステップを踏むカップルは多いことでしょう。しかし、同棲することのデメリットは2人の生活に慣れ切ってしまうということ。気を付けなければ、知らない間に時間が過ぎてしまっていたということになりかねません。

男性は女性よりも結婚願望が薄い生き物です。ですから、女性側が上手に彼を結婚へと誘導していくように仕向けましょう。そうすれば、彼のほうも将来のことを考えてくれるようになるでしょう。

早く結婚したい25歳の女性、Yさん(デパート勤務)の例

デパートに勤務している25歳のYさんは、出会いサイトで知り合った男性と同棲中。いざ一緒に暮らし始めるとなかなか結婚を切り出すきっかけがつかめず悩んでいました。そこで思い切って2人で話し合う機会を作り、同棲の期限を3か月と決めました。その結果、彼からプロポーズされました。

「私は出会いサイトを通じて今の彼と出会いました。彼はアパレル会社に勤めていて、ファッションに詳しいので話がとても合います。付き合いはじめてすぐに同棲を始めました。一緒に暮らすことでますます仲良くなれたと感じています。

しかし、2人の生活に慣れ過ぎてしまったのか、だんだんと新鮮さが薄れてきたようです。結婚を切り出すタイミングもつかめないまま日々が過ぎていきました。このままではいけないと思い、思い切って2人で話し合うことに決めたんです。私のほうから、同棲生活の期間を残り3か月と設定しました。その間に、今後どうしていくかの答えを出しましょう、と提案しました。

すると、その1週間後に彼からプロポーズされたんです。とても嬉しかった。自分から潔い行動を取ったことが吉と出たのでしょう。彼とは価値観や趣味などが近く、ずっと一緒にいられるような相手です。20代前半のうちに、思い切ってサイトに登録してよかったと思っています。

タイミングが少しでもずれていたら、出会っていなかったでしょうから。」

出会いサイトで相性のいい人を探そう

Yさんは、出会いサイトで知り合った男性とゴールインすることができました。その理由の1つとしてお互いの価値観が似ていたということが挙げられています。出会いサイトなら、相手のことをよく知ったうえでお付き合いを始めるかどうか選べるので、効率がいいといえます。

自分と本当に相性のいい男性と出会うためには、自分にとって理想の条件とは何なのかということを具体的にイメージすることが大切。イメージを明確にもっていれば、男性を選ぶときに気持ちがブレなくて、結果的に早くパートナーを引き寄せられます。

関連記事まとめ